6月7月の国際線定期便就航状況

更新日:9月12日

7月は夏休みに入ったこともあり出入境共に人数の増加がみられました。台湾は7月初めに新規感染者が2万人台にまで減少して以来、大きな増減はありません。みなさんマスクを着用しながら外食、イベント、国内旅行などを楽しんでいる様子です。

それでは6月7月の国際線定期便就航状況を見てみましょう。

6月海外からの入国者数

中国:970人

香港、マカオ:700人

上記以外の外国人:35,246人

7月海外からの入国者数

中国:1,806人

香港、マカオ:985人

上記以外の外国人:45,473人



入境後の隔離期間をおさらい

現在台湾入境の際は、3日間の隔離検疫期間と4日間の自主防疫期間が必要です。自主防疫期間中は、外出前二日以内の簡易検査キットの陰性が確認できれば、出勤や生活出需品購入のための外出が認められています。


日本から台湾への入境方法については、こちらの記事もご覧ください!

https://www.nomad-taiwannews.com/post/20220715taiwannews


上記の情報は台湾政府や台湾の報道機関等が発信した情報を弊社で翻訳して日本の方にお伝えしているものです。誤訳や分かりにくい点がありましたら、順次、修正していきますので、こちらからご連絡ください。→お問い合わせフォームへ



最新記事

すべて表示