光華商場の歴史と、台北の地形の関係性 前編


前回、MRT忠孝新生駅周辺の電気街「台北の秋葉原」について紹介しましたが、その誕生を知る方は少ないかもしれません。

「台北の秋葉原」が、なぜあの地に生まれたか。少し深堀しようと思います。

台北に暮らすイチ日本人OLが好奇心で調査し、書き上げた“大人の自由研究”として読んでいただきたいです。まだまだ勉強途中で間違いや不足がある場合は、ご指摘いただけると大変幸いです。

目次)


<前編>

  • 光華商場の概要(おさらい)

  • 光華橋の誕生

<後編>

  • 光華商場の変容1―現在の電気街が出来るまで

  • 光華商場の変容2―光華橋の取り壊し

  • 光華商場の変容3―光華商場の引っ越し

  • まとめ

  • 筆者感想

―光華商場の概要(おさらい)


「台北の秋葉原」は、MRT忠孝新生駅から徒歩数分の場所にあります。そのエリアで歴史のあるモールが「光華數位新天地(以下:光華)」。


現在光華位置&周辺



現在は電気デパートですが、その始まりは古本や骨董品の販売から始まったそうです。

つい最近まで、“少し”違う場所にありました。現在地の東側に大通り「新生南路」(※北側は松江路に名称が変わります)がありますよね?この道路の上に位置していたそうです。


旧光華位置


新生南路

ココには2006年まで、大きな陸橋がありました。その高架下にあったのが、光華の前身「光華商場」です。

光華商場があることから、陸橋は通称「光華陸橋」と呼ばれていました。2006年に取り壊され、現在は見ることが出来ないのですが、日本のYouTubeではその姿を確認できます。2年前にkamepoさんがアップされた1995年撮影の台北の様子の中に映っており、光華商場もありました。この映像は台湾のニュースで取り上げられ、話題となったようです。

SETN三立新聞網 2018年4月28日「23年前台北長這樣… 日客影片讓台人淚喊『時代的眼淚』」:

https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=373835

次は、なぜこんなところに陸橋が誕生したのか。その背景を探っていきます。

―光華陸橋の誕生


光華陸橋があった新生南路あたりには昔、水路がありました。瑠公圳と呼ばれ、18世紀に灌漑用水路としてつくられたものです。


1945年台北松山地図1:10,000 (アメリカ陸軍監修作成 パブリックドメイン)



拡大図 地図から見る台北の移り変わり



マップソース:https://legacy.lib.utexas.edu/maps/ams/formosa_city_plans/

盆地の台北で農業を携わる人たちにとっては、貴重な用水路でした。

しかし、日本統治時代の1933年以降は排水路(特一號排水溝)として使われるようになります。水路の両端に車両道路ができ、沿道には柳の木が植えられ、当時は“堀川通”や”緑川“と呼ばれていたそうです。

そして、戦後1945年に“堀川通”から、現在の“新生南路”に名前が変わりました。

地図をもう一度見てください。当時、現在の市民大道は鉄路で、現在の台北駅と松山駅を地上で結んでいました。

また、鉄路と水路を横切るように現在の八德路が伸びており、台北駅周辺の繁華街と松山エリアをしっかりと繋いでいますね。

主要エリアをつなぐ幹線道路が交差するだけに、尋常ではない交通量が想像できます。さらに、鉄道の踏切があったことで大渋滞が起き、長い間台湾人を苦しめていました。現在も通勤ラッシュ時は道が混みやすい台北ですが、今も昔も変わっていないようです…

この問題を緩和させるべく誕生したのが、光華陸橋でした。

1971年に開通、1972年には新生南路の水路が地下水路へと変わり、地上から姿を消しました。

1973年には、台北市政府が高架下にある公共スペースに商業施設を設置しようと動き出します。

それこそが光華商場でした。

次回は時代と共に変化してゆく光華商場の様子をお伝えします。

※画像は全てノマドスタッフが撮影・編集しました

写真で台湾!Instagramにて公開中

▼ノマド 台北女子社員日記

台湾勤務の台日スタッフが、日々の暮らしの中からディープな台湾を発信しています。

https://www.instagram.com/nomad_tky_tpe/




#台湾ノマドより #台湾の歴史

nomad_logo_white.png

このホームページはInternet Explorerに対応していません。Google Chrome、Firefox、Safari、Windows 10 Microsoft Edgeの環境でご覧いただくことを推奨いたします。推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でもお客さまのブラウザの設定等によっては、正しく表示されない場合がありますのでご了承ください。→詳しくはこちらをご覧ください。

メールマガジンのご登録で、台湾・中国で開催の展示会情報やインバウンドなどビジネスに役立つ最新情報をお届けします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

日本・台湾に拠点を置く台湾のインバウンド広告に特化した制作会社ノマドが、台湾展示会情報や、台湾のトレンド情報を発信する 台湾展示会情報 インバウンドニュース です

Copyright © 2020 Nomad Inc. and Nomad International Inc. All Rights Reserved.