4月5月の国際線定期便就航状況

台湾では多くの人が、秋頃から台湾入境時の隔離期間がなくなることを期待し、9月から旧正月までの航空券が非常によく売れているようです。旧正月に多くの台湾人が日本に行くことを見越し、私も席がなくならないうちにと6月中旬には航空券を予約しました。検索すると、すでに満席になっている日や便があり驚きました。皆さんも年末年始などの便にはご注意ください!


それでは4月5月の国際線定期便就航状況を見てみましょう。

4月海外からの入国者数

中国:763人

香港、マカオ:467人

上記以外の外国人:28,085人



5月海外からの入国者数

中国:704人

香港、マカオ:480人

上記以外の外国人:30,629人


4月と5月はあまり大きな変化はありませんでした。

6月15日以降、台湾入境後の隔離検疫期間は3日間とその後、自主健康管理期間が4日間に短縮されました。現在の入境条件は、台湾人や居留証、VISAを持つ台湾在住の外国人、また商務VISAを取得した人などに限られていますが、8月頃から観光客の受け入れを始めるという噂も聞こえてきます。政府からの発表はまだありませんが、期待したいですね!



上記の情報は台湾政府や台湾の報道機関等が発信した情報を弊社で翻訳して日本の方にお伝えしているものです。誤訳や分かりにくい点がありましたら、順次、修正していきますので、こちらからご連絡ください。→お問い合わせフォームへ



最新記事

すべて表示