top of page

台湾旅行や出張で役立つMRTの乗り換えアプリをご紹介!(無料/日本語対応)

最近台湾を訪れる外国人観光客が非常に増えていると感じます。日本人の方をお見かけしたときは、台湾と日本が自由に往来できるようになった!と嬉しい気持ちになります。

台湾旅行で必ずと言っていいほど利用するのがMRT(地下鉄)ですね。台北はもちろん高雄、そして2021年には台中にも開通して、移動がどんどん便利になっています。特に台北のMRTは観光地や展示会場の近くに駅があり、旅行中にとても重宝します。

今回は台湾旅行や出張で役立つMRTの乗換案内アプリ「乗換案内 台北」と「NAVITIME Transit」について紹介します!



おすすめ1 「乗換案内 台北」

乗換案内 台北は日本語対応のMRT乗り換え案内アプリです。



アプリの特徴
・無料(有料版もあり)
・日本語対応
・MRTの出発時間、到着時間、乗車時間、乗り換え回数、運賃が分かる
・現在地からの最寄り駅が分かりやすい
・地図で目的地を検索することができる
・台北、台中、高雄のMRTの乗換案内に対応している など


●使い方

アプリをダウンロードして開くと経路検索の画面が出ます。



出発地と到着地を入力します。現在地からの最寄り駅と駅までの距離が分かります。




今回は台北駅から台北101/世貿駅までの乗り換えを検索してみます。



出発時間、到着時間、乗車時間、乗り換え回数、運賃が表示されました。




次は路線図から検索してみます。

だいたいの位置が分かっている場合は、こちらが使いやすいかもしれません。


まずは画面下から「路線図」に切り替えます。

そして出発地と到着地を選択します。



画面下の検索結果をタップします。




出発時間、到着時間、乗車時間、乗り換え回数、運賃が表示されました。




このアプリには地図の機能もあります。

画面下の「地図」をタップすると地図が表示され、現在地(位置情報を許可した場合)がわかります。目的地を検索して位置を確認することはできますが、そこまで行くための経路などは検索できません。自分の現在地や最寄り駅の位置を地図上で知りたいときに使えそうです。



また、「設定」から台中、高雄のMRT乗換案内に切り替えることができます。

画面右下の「設定」をタップし、都市選択をタップします。



ここで高雄と台中のMRT乗換案内に切り替えることができます。

なんと香港の地下鉄の乗換案内もあります。



アプリのダウンロード

App Store

Google Play





おすすめ2 「NAVITIME Transit」

NAVITIME Transitは日本語対応で、オフラインでの使用も可能なアプリです。



アプリの特徴
・無料
・日本語対応
・オフラインで使用が可能
・MRTの出発時間、到着時間、乗車時間、乗り換え回数、運賃が分かる
・オンラインの場合、到着地周辺のおすすめスポットが表示される
・台北、台中、高雄のMRTと、台湾鉄道(台鐵)、台湾新幹線(高鐵)の乗換案内に対応しているなど


●使い方

アプリを開いたら台湾を選択し、ダウンロードします。ここでダウンロードするとオフラインでも使用可能になります。台湾の他にも、様々な国の乗換案内を利用できるようです。




今回も台北駅から台北101/世貿駅までの乗り換えを検索してみます。

出発地と到着地を選択し、検索をタップします。



出発時間、到着時間、乗車時間、乗り換え回数、運賃が表示されます。



オンラインの場合、検索結果をタップすると周辺のスポットが表示されます。



このアプリは台北、台中、高雄のMRTのほかに台湾鉄道(台鐵)、台湾新幹線(高鐵)も対応しています。マップを切り替えるには画面右下の緑のアイコンをタップします。



画面下にマップの選択画面が表示されます。



今回は台湾鉄道を選択しました。台湾鉄道と台湾新幹線の路線図が表示されます。

台北から台南の乗換案内を検索してみます。



出発時間、到着時間、乗車時間、乗り換え回数は表示されましたが、運賃は表示されませんでした。



アプリのダウンロード

App Store

Google Play



今回は台湾旅行や出張で役立つMRTの乗換案内アプリ「乗換案内 台北」と「NAVITIME Transit」をご紹介しました。どちらも無料で使えるアプリですので、MRTに乗る機会があれば、ぜひ利用してみてください!


写真で台湾!Instagramにて公開中

▼ノマド 台北女子社員日記

台湾勤務の台日スタッフが、日々の暮らしの中からディープな台湾を発信しています。


最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page