9月10月の国際線定期便就航状況


台湾政府は3月19日より全ての外国人(在住許可を持つ外国人とその他一部の例外を除く)の入国を禁止していましたが、6月22日以降一部のビジネス・留学目的等であれば条件付きで入国を認め始めています。


9月10月の国際線定期便就航状況を紹介します。

大きな変化は9月から台中空港も国際線の就航が始まったことです。搭乗者数は若干減ってきてはいますが、便数は少しずつ増加しており、LCCも少しずつ就航を開始しています。


2020年9月分

※台南は日本往復ともすべてキャンセルになりました。


〈外国人の入国者数〉

中国:4,590人  香港・マカオ:2,501人  その他:16,026人





2020年10月分

※台南は日本往復ともすべてキャンセルになりました。


〈外国人の入国者数〉

中国:1,810人  香港・マカオ:841人  その他:15,909人






上記の情報は台湾政府や台湾の報道機関等が発信した情報を弊社で翻訳して日本の方にお伝えしているものです。誤訳や分かりにくい点がありましたら、順次、修正していきますので、こちらからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ


#新型コロナウイルス情報 #台湾情勢

nomad_logo_white.png

このホームページはInternet Explorerに対応していません。Google Chrome、Firefox、Safari、Windows 10 Microsoft Edgeの環境でご覧いただくことを推奨いたします。推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でもお客さまのブラウザの設定等によっては、正しく表示されない場合がありますのでご了承ください。→詳しくはこちらをご覧ください。

メールマガジンのご登録で、台湾・中国で開催の展示会情報やインバウンドなどビジネスに役立つ最新情報をお届けします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

日本・台湾に拠点を置く台湾のインバウンド広告に特化した制作会社ノマドが、台湾展示会情報や、台湾のトレンド情報を発信する 台湾展示会情報 インバウンドニュース です

Copyright © 2020 Nomad Inc. and Nomad International Inc. All Rights Reserved.