台湾 ビジネス渡航開始、新型コロナ対策緩和へ

中央感染症指揮センターが発表した、最新の新型コロナ情報をお伝えします。



目次
37日からビジネス渡航を開始
37日から入境検疫日数が10日に短縮
41日から430日までの新型コロナウイルス対策を緩和



3月7日からビジネス渡航を開始

3月7日0時(現地飛行時間)よりビジネス関係者の受け入れを再開すると発表しました。来台に必要な措置は以下のようになります。


①外国人:ビジネス視察、投資、契約履行、求職などのビジネス活動について、申請者は国外の台湾大使館および代表処において特別入境許可を申請する必要があります。


②中国・香港・マカオ籍:ビジネスの契約履行および多国籍企業の内部異動については、中国籍の方は台湾の招聘企業が内政部移民署のオンライシステムを通じて申請する必要があります。香港・マカオ籍の方は、香港マカオの経済文化代表処、または国外の大使館に申請する必要があります。


出典:疾管家※2022/2/24 LINE配信画像
参考記事:https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/P1zwy2foj9c9Z-yiLzlpZQ?typeid=9



3月7日から入境検疫日数が10日に短縮

3月7日0時(予定フライトスケジュールの到着時間)から入境検疫の日数は10日に短縮されました。関連する対策は次のように調整されます。


<検疫日数と場所>

① 在宅検疫は10日間、入境日を0日目として11日目から7日間の自己健康管理を継続。


②1人1世帯は、自宅または親戚や友人の住居を原則とする。世帯が1人1世帯の検疫条件を満たせない場合は、防疫ホテルに滞在し10日間の検疫を完了する必要があります。


③検疫期間中、同日に入国する家族・同居者は、希望に応じて、ご自宅や親戚・友人の住居に住むことも、防疫ホテルに滞在も可。一般の方も部屋のタイプによりますがシングルルームは狭いので、同じ部屋を2人まで共有することをお勧めします。


<検査措置>


・PCR検査(計2回)

①入境時に現在の対策に従ってPCR検査を実施します。

②検疫期間(検疫10日目)が満了する前にPCR検査を実施し、地方自治体は医療機関または地域の状況に応じてPCR検査を手配するものとします。


・簡易検査(計5回)

①検疫の3日目、5日目、7日目、および自己健康管理期間の2日目、4日目にそれぞれ簡易検査を実施します。

② 簡易検査キットは入境時に各空港や港の職員によって支給されます。

出典:疾管家※2022/3/17 LINE配信画像
参考記事:
https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/IdC18RauX3qPj9bo4RiY5g?typeid=9
https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/t3Ss044INxOap4yqDTORdw?typeid=9


4月1日から4月30日まで新型コロナウイルスの対策を緩和

中央感染症指揮センターは3月28日、2022年4月1日から4月30日までの新型コロナ対策の緩和措置を発表しました。例外的な状況を除いてマスクは必要ありませんが、外出時は常時着用が必要になります。


マスクの着用について

<マスク要>

歌唱時は必ずマスクを着用してください


<マスク不要>

以下の場合、マスクは不要ですが、マスクを携帯する必要があります。また、コロナの症状がある場合や、不特定の相手とのソーシャルディスタンスが保てない場合には、マスクを着用しなければならない。


①屋内または屋外での運動

②屋内または屋外での個人/集合写真の撮影

③自分で車を運転し同乗者が同居家族である場合、また同乗者がいない場合

④ライブ放送、ビデオ撮影、司会進行、報道、スピーチ、講演、講義など

⑤農林業、水産、畜産の労働者は、オープンスペース(畑、山、森など)で働く方

⑥山や森や海辺での活動

⑦温泉、冷泉、サウナ、海水浴場などマスクが濡れる可能性のある場所

⑧外出時に食事をする際はマスクの着用が免除されます

⑨中央感染症指揮センターまたは所轄機関が指定する場所または活動

例:芸術的パフォーマンス/撮影クルー/テレビメインキャスターなどの出演者が正式に撮影を行う場合、スポーツ競技会の競技者および審判など)において、中央感染症指揮センターまた所轄機関が関連する新型コロナの防止対策に準拠している場合、マスクを一時的に外すことができます。



規制の緩和

①事業所および公共エリア(公共交通機関を含む)

実聯制、体温測定、環境衛生の強化、従業員の健康管理、および確認された感染事案への迅速な対応を厳守する必要があります。


②店舗、スーパーマーケット、市場

営業場所・公共エリアでの新型コロナ対策により、人の流れの管理は不要とし、試飲・試食も可能になります。


③高速鉄道、鉄道、長距離バス、船

固定の飲食エリアを除き、国内航空路線車内での飲食が可能になります。


④ケータリング会場

実聯制、体温測定、手洗いの設備と消毒用品を厳密に提供する必要があります。宴会のテーブルごとの乾杯が可能になります。上記の措置に違反した者は法令に基づき罰せられ、期限内に改善を行わない者はサービスを提供することができません。


⑤宗教的な場所・および集会活動

内政部によって規定された流行防止措置に従い対応が必要です。



規制の強化

中央感染症指揮センターは、最近の感染状況に対応して、カラオケホール・ダンスホール・ナイトクラブ・クラブ・バー・ホテルおよびその他の同様の場所の防疫措置を強化すると発表しました。


①入場する客はワクチンを3回以上接種していることを確認し、実聯制をとる必要があります。呼吸器症状や発熱のある方は入場できません。


②すべてのスタッフ・従業員(接客対応のあるスタッフを含む)ワクチン2回目を接種して14日間経過している必要があります。2回目の接種をしてから3ヶ月経過している場合、3回目のワクチン接種を行う必要があります。


③上記のすべての職員・従業員(接客対応のあるスタッフを含む)は、4月30日まで週1回簡易検査を受けなければならず、陰性の方のみサービスを提供できます。


④基隆で休業しているスナックバーやカラオケの従業員の場合、営業を再開する場合は3日以内に陰性のPCR証明書を取得し、営業再開後2週間以内に2日ごとに簡易検査を実施し、週1回PCRを実行する必要があります。


⑤棚卸し関連の従業員、サービス担当者、カウンター担当者、清掃担当者、管理担当者、その他接客対応のあるスタッフなどの名簿を作成し、異常事態が発生した場合の追跡システムとセルフモニタリング計画を作成します。


出典:疾管家※2022/3/28 LINE配信画像

参考記事:

https://www.cdc.gov.tw/Bulletin/Detail/V_RjCZVfhhvzZzUa-CsFqA?typeid=9





上記の情報は台湾政府や台湾の報道機関等が発信した情報を弊社で翻訳して日本の方にお伝えしているものです。誤訳や分かりにくい点がありましたら、順次、修正していきますので、こちらからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ


#新型コロナウイルス情報 #台湾情勢

最新記事

すべて表示