デリバリーサービスの急成長〜生鮮食品雑貨編〜



台湾は外食文化が根付いていることもあり、デリバリーサービスの利用がとても身近です。最近では新型コロナウイルスの影響で、飲食店以外の配達にも注目が集まっています。今回は急成長を続けるデリバリーサービスについて紹介します。

台湾デリバリーサービスの二大巨頭Uber Eatsとfood panda


台湾の大手デリバリーサービスといえば「Uber Eats」と「food panda」です。food pandaはドイツに本社があり、アジア・東欧を中心にサービスを展開しています。

food pandaは2012年、Uber Eatsは2016年に台湾進出。シェアは2019年9月時点で、food pandaが43%、Uber Eatsが32%となっています。

これまで両者は飲食店のフードやドリンクの宅配サービスを行っていましたが、昨年からコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどと提携し、生活用品や食料品なども配達するようになりました。

コンビニエンスストア各社の動き


台湾の主要コンビニエンスストアでは、昨年から続々とデリバリーサービスが始まりました。当初は地域や店舗数、配達時間に制限がありましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう外出自粛を受けて、対象地域の拡大を行うなどして急速に成長しています。各社の動きを見ていきましょう。

■ファミリーマート

2019年9月よりUber Eatsと提携して一部地域の店舗にて宅配サービスを始めました。当初は宅配時間が9時~18時でしたが、新型コロナウイルスの影響により、現在は5時30分~26時に延長。その結果、深夜時間帯の売上が約10%増、2月には全体で新規利用者が約15%増加しました。また、4月14日からfood pandaとも提携を開始。スナック菓子、飲料、冷凍食品などの宅配が増えているそうです。ちなみにセブンイレブンは全球快遞というバイク便と提携して自社アプリでサービスを行っています。


参考:數位時代

https://www.bnext.com.tw/article/54814/familymart-uber-eats


参考:INSIDE

https://www.inside.com.tw/article/19508-familymart-use-foodpanda-for-delivery



■HI-LIFE(萊爾富)

2020年1月からfood pandaと連携して一部地域の店舗でデリバリーサービスを開始しました。4月中旬時点で、HI-LIFEの配達可能店舗は約400店あり、各店舗でおよそ10%の売上増となりました。今後は台湾全土で1450店舗に導入予定です。デリバリーでよく売れているものは茶玉子、牛乳、ミネラルウォーター、冷蔵飲料、インスタント麺、生鮮食品とウイルス予防商品などです。


参考:中國時報

https://www.chinatimes.com/realtimenews/20200414005400-260410?chdtv

■OK mart

2019年11月からfood pandaでデリバリーサービスを開始しましたが、当時は10店舗のみのスタートでした。2020年1月からは台湾全土477店舗に拡大しました。

即席食品などの売上が好調で週間最高売上は以前の3倍です。また、デリバリー限定のホットミールのセットプランも好評で、人気はフライドチキンとエッグタルトだそうです。


参考:yes123

https://www.yes123.com.tw/admin/aboutwork/article.asp?w_id=16914




大手スーパーの動き


food pandaは2019年11月から、飲食店以外にカルフールなど2000社弱の会社と提携し、デリバリーサービスを開始しました。利用客の発注のピークは金・土・日の週末で、時間帯は11~12時と16~17時。主に牛肉、果物、お菓子の購入が多いそうです。

現在、外食をさける台湾人に「自炊」ブームが起こっていますが、提携した大手スーパーのカルフールと愛買の注文数は大幅に増加しました。

愛買は、2月の全体売上が約40%増。自社オンラインショップでのコロナ防止関連商品の注文は以前より90%増、年間売上は65%増となり、店舗の来客数も10%増、年間売上は20%増となりました。

愛買によると、人気の宅配商品は生鮮食品、お米、サラダ油とインスタント食品で、売上平均が20~30%増加しました。food pandaとの提携店舗は台北市、新北市の4店舗のみでしたが、2月20日から桃園と台南地区の配達を開始しました。

food pandaはカルフール69店舗中37店舗と提携しており、Uber Eatsは5店舗、毎日約2000~3000件注文があり順調に件数を増やしています。


参考:蘋果新聞網

https://tw.appledaily.com/column/article/906/rnews/20200219/1706332


参考:鉅亨

https://news.cnyes.com/news/id/4444218

今回は生鮮食品雑貨編として紹介しましたが、台湾では生鮮から即食まで幅広い商品のデリバリーサービスの需要があることがわかりました。日本でも今年の4月よりローソンが一部店舗でUber Eatsのサービスを開始しました。デリバリーサービスは今後ますます身近な存在になっていくのかもしれません。


写真で台湾!Instagramにて公開中

ノマド 台北女子社員日記

台湾勤務の台日スタッフが、日々の暮らしの中からディープな台湾を発信しています。

https://www.instagram.com/nomad_tky_tpe/





#台湾での生活 #台湾ノマドより

nomad_logo_white.png

このホームページはInternet Explorerに対応していません。Google Chrome、Firefox、Safari、Windows 10 Microsoft Edgeの環境でご覧いただくことを推奨いたします。推奨環境以外でご利用いただいた場合や、推奨環境下でもお客さまのブラウザの設定等によっては、正しく表示されない場合がありますのでご了承ください。→詳しくはこちらをご覧ください。

メールマガジンのご登録で、台湾・中国で開催の展示会情報やインバウンドなどビジネスに役立つ最新情報をお届けします。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

日本・台湾に拠点を置く台湾のインバウンド広告に特化した制作会社ノマドが、台湾展示会情報や、台湾のトレンド情報を発信する 台湾展示会情報 インバウンドニュース です

Copyright © 2020 Nomad Inc. and Nomad International Inc. All Rights Reserved.